空気清浄機 レンタルか購入か

【花粉・ウイルス・PM2.5対策】空気清浄機はレンタルか購入か

 

 

 

 

空気清浄機を購入しようかどうしようか悩んでいる、花粉症や、ウィルス、PM2.5でお困りのそこのあなた!

 

 

 

じつは、空気清浄機にはレンタルできるものがあるのを知ってましたか?

 

 

 

空気清浄機は購入するのとレンタルするのはどっちがお得なのか気になりますよね。

 

 

 

このサイトでは、空気清浄機のレンタルについて調べて、メリットデメリット等を紹介しています!

 

 

 

空気清浄機を購入かもしくはレンタルするかの参考にしてくださいね!

 

 

 

↓↓↓↓↓↓今すぐ空気清浄機のレンタルを申し込みたい方はコチラ!
SHARPプラズマクラスターやダイキンストリーマなどの【レンタル空気清浄機】

 

 

 

空気清浄機をレンタルした場合のメリットデメリット

 

 

 

レンタル空気清浄機のメリットは?

 

 

購入しなくていいので経済的

 

 

すべて新品!

 

 

かかる費用は、初回の登録手数料(1,000円税抜き)と、月々のレンタル代(1,900円税抜き〜)のみ。

 

 

本体購入費、フィルター交換費用、送料などすべて無料。

 

 

 

保証期間を気にせず使える

 

 

レンタル期間中は、万が一の故障にも電話のみで対応してもらえます。

 

 

修理代などメンテナンスに関する製品や部品代は一切かかりません。

 

 

 

交換用フィルターが自動的に送られてきます。

 

 

フィルターの交換月になったら自動で送ってもらえるので、交換を忘れることもなくなり安心できます。

 

 

 

継続利用での目玉特典

 

 

一定期間の継続利用で、本体の交換が無料でできます。

 

 

 

 

レンタル空気清浄機のデメリットは?

 

 

長期間使用した場合、割高になる

 

 

長期間空気清浄機を使用した場合、月々のレンタル代金が積み重なって割高になってしまいます。

 

 

長期間使うことが確定している人は購入したほうがいいかもしれません。

 

 

レンタル空気清浄機

 

レンタルなので安心・簡単・手間要らず!【レンタル空気清浄機】

 

 

空気清浄機を購入した場合のメリットデメリット

 

 

 

空気清浄機を購入した場合のメリットは?

 

 

 

長期間使用するなら、購入したほうが割安。

 

 

空気清浄機を一度購入すれば、月々の使用料などはかかりません。

 

 

空気清浄機は長く使えば使うほどに、購入費用を月々で割ったときに割安になっていきます。

 

 

 

綺麗に使っていけば、売ることもできる。

 

 

日頃のメンテナンスがきちんと出来ていれば、空気清浄機を使わなくなった時に

 

 

古いものでなければ、メルカリやオークションなどで売ることもできます。

 

 

 

空気清浄機を購入した場合のデメリットは?

 

 

 

保証期間外で壊れたときの修理代金が自己負担。

 

 

大体のメーカーには1年間の保証期間がついていますが、空気清浄機が壊れるのは

 

 

ほとんどが保証期間が過ぎてからだと思います。

 

 

結局、修理代金がもったいなくて使わなくなったり、新しい空気清浄機を買い替えたりするパターンになりがちです。

 

 

 

フィルターなどの消耗品が自己負担

 

 

空気清浄機を購入した場合は交換フィルターも自分で購入しないといけません。

 

 

大体2000円〜4000円かかるそうです。

 

 

 

 

空気清浄機をレンタルするのはどんな人?

 

 

 

空気清浄機を購入したいが初期費用を抑えたい人

 

 

空気清浄機のレンタルであれば、初月が約3,000円で、月々1,900円〜の支払いで済みます。

 

 

 

 

最新機種を低価格で利用したい人

 

 

空気清浄機のレンタルであれば、SHARPプラズマクラスターやダイキンストリーマなどの

 

 

最新の機種を低価格で利用することが出来ます。

 

 

 

故障時の対応やフィルターの購入などが面倒に感じる人

 

 

空気清浄機のレンタルであれば、保証書などは必要ありません。

 

 

電話1本で解決できます。

 

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓空気清浄機のレンタルを試したい方はコチラへ!
【レンタル空気清浄機】

 

 

 

 

SHARPプラズマクラスターはウィルス抑制に効果ある?

 

 

プラズマクラスターイオンが浮遊 高病原性『H5N1型トリインフルエンザウイルス』にも効果

 

 

シャープは、ウイルス学の世界的権威であるロンドン大学医学・歯学部 ジョン・オックスフォード教授(Prof. John S. Oxford)が設立したGLP適合機関レトロスクリーン・バイロロジー社と共同で、プラズマクラスターイオンが、致死率が高いとされる浮遊高病原性『H5N1型トリインフルエンザウイルス』の働きを99%低減することを実証しました。

 

多種多様な空気浄化技術の中で、同ウイルスへの効果を実証したのはプラズマクラスターイオンが世界で初めてです。

 

2000年に開発したプラズマクラスターイオン技術は、空気中にプラスとマイナスのイオンを放出して除菌を行う空気浄化技術です。当社はアカデミックマーケティング※4の考えに基づき、この5年間世界の学術研究機関と共同で、この技術が空気中に浮遊する細菌・カビ菌・ウイルス・アレルゲンなど全26種類の有害物質に効果があることを実証してきました。さらに2004年11月には「細菌の表面細胞膜のタンパク質を破壊し死滅させるメカニズム」を解明し、「表面にタンパク質を持つ広範囲の浮遊有害物質への効果」が期待できることを学術的に証明しました。

 

今回効果を確認したトリインフルエンザウイルスは、実際にヒトにも感染し被害をもたらしたウイルスを用いたものです。これにより新しく出現したウイルスにも効果があることを確認し、プラズマクラスターイオンの効能の分野をさらに拡大させることができました。

 

 

引用元:SHARP公式サイト https://jp.sharp/plasmacluster-tech/release/05060601.html

 

 

 

社団法人 北里研究所との共同研究で検証

 

世界初、プラズマクラスターイオン(R) 技術が浮遊『コロナウイルス』を不活化

 

近年、SARS(コロナウイルス科)、鳥インフルエンザ(オルソミクソウイルス科)などの新たなウイルス感染症が発生し、人々の健康を脅かす事例が増えております。シャープは、新しい技術による空気の浄化を追求し、空気を媒介とした病気の原因となる有害物質へのプラズマクラスターイオン効果を体系的に検証してまいりました。今回は、ウイルス研究で世界的な権威の社団法人 北里研究所 北里研究所メディカルセンター病院 鈴木達夫先生、小林憲忠先生と共同で、コロナウイルス科に属するネココロナウイルスに対して、プラズマクラスターイオンによる不活化実証実験を実施しました。その結果、40分以内に99.7%を不活化、すなわちウイルスを破壊し感染力を抑える働きがあることを実証しました。

 

これにより、空気感染による主要な病原性ウイルスの基本的な3つの分類型においてプラズマクラスターイオンの効能を検証することができました。

 

 「プラズマクラスターイオン技術」とは、空気中の水分子と酸素分子から生成したプラスとマイナスのイオンを空気中に大量に放出することで、浮遊カビ菌・インフルエンザウイルス・ダニアレルゲンなどを取り囲み、化学反応によって不活化する画期的な空気浄化技術です。当社は、この技術を2000年に開発し、アカデミックマーケティング※3の考えに基づいて、世界の学術研究機関と共同でその効能検証を進めています。

 

 

引用元:SHARP公式サイト https://jp.sharp/plasmacluster-tech/release/04072701.html